フレッツ光ライト比較

安心の2段階定額料金フレッツ光ライトを比較します。

フレッツ光ライトのサービス比較

インターネットを現在利用しているのですが、料金が安いという理由で、両親が選んだプロバイダを利用しています。
両親はあまり、インターネットなどを利用しないので、満足をしているようなのですが、私は比較して選ぶべきではないか。
と、感じていました。
現在ADSL回線を利用しているので、光に変えようと思いました。
テレビのコマーシャルで、フレッツ光ライトが紹介されているのを見たので、フレッツ光ライトについて調べてみることにしました。
インターネットで調べてみたのですが、プロバイダによって、フレッツ光ライトの料金も違いますし、サービスの内容も異なることが分かりました。
現在利用してるADSLは、料金は安くて嬉しいのですが、メールのアドレスを取得しなかったので、フリーメールしか利用できないという、難点がありました。
そこで、フレッツ光ライトのサービス内容も比較し、プロバイダのメールアドレスが利用できる、プロバイダを選択して、フレッツ光ライトを契約しました。

フレッツ光ライトを比較して、その特徴が理解できました。



フレッツ光ライトが誕生してから、早速我が家にも勧誘の電話が掛かってきました。
光回線自体をまだ導入していない我が家では、光回線への切り替えを検討している時期だったので、その話を聴いてみる事にしました。
二段階定額料金を採用しているフレッツ光ライトは、一段階で済むと3千円も掛かりません。
ADSL回線とフレッツ光ライトを比較しても確かにこれは安い、しかし気になるのが二段階へと移る使用範囲でした。
その辺りも電話で説明を受けたのですが、どうも具体的にイメージできなかったので、参考となるサイトを紹介してもらい、自分で確認する事にしました。
すると月額2940円で、月間通信量200MBまで利用が可能という説明書があり、具体的にどのような使用履歴だとその範囲に収まるのかも記されていました。
結論としては、残念ながら毎日利用する私を始め、家族がそれぞれの利用目的で使用する事から、その範囲で収まらない事が判明しましたが、たまにインターネットを利用する程度の方にとっては、フレッツ光ライトはとても重宝するプランだと感じました。
ただ、こうした情報を収集できた事で、光回線への理解を深める事ができました。
近い内に、光回線への移行を行いたいと思います。

フレッツ光ライトを比較してみようでないの



今やインターネット全盛期の時代でありますが、そのインターネットも高速化が要求されていましてそれを光が実現してくれまして大容量の動画とかなどを落として閲覧などできるようになったのでありますが、その料金はしいて言えばやはり高いなと思う人も少なからずいるかと思うのでありますね。
というわけでその光のプランに新たなバージョンが登場してみた意でありますね。
それが「フレッツ光ライト」だそうですね。
それでそのプランなんですが、回線サービスは、完全定額であったフレッツ光月額料を従量制に設定しているのだそうでして、その料金の最低金額は2,940円でして200MB以上の利用を超えると10MB毎に31.5円の料金が積み上げられる従量制の料金体系となっているのだそうですね。
そして上限が6090円なんだそうでありますね。
というわけですが、高速は要求するものの、あまり頻繁にPCしないというひとにはもってこいかと思うのでこの際に「比較」検討などしてください。

光回線関連サイト


ブロードバンド回線契約!最安プロバイダはどこ?【比較ランキング】
            ↓↓↓

◆サイトから抜粋◆
[よくある質問]
将来引越す時はどうなる?解約?“違約金”かかるんじゃ??
[回答]
解約無しで引越し先でも使えます。
今後の引っ越し先がNTT東日本区域でしたら、解約ではなく「移転」の手続きができるため、違約金はもちろん新居での新たな工事費も不要です!他社で同じことしようと思っても対応できない地域があったりしますが、圧倒的シェアを誇るNTTなら安心です!


この春引越しがある人でもフレッツ光でしたら解約する必要がないみたいなので助かりますよね!